音楽理論 スケールが先かコードが先か

12平均律を前提に話します

 

1オクターブの中には12半音があります。

これを前提にドレミファソラシの7音をチョイスすると、

その度数は

Root

Major 2nd

Major 3rd

Perfect 4th

Perfect 5th

Major 6th

Major 7th

 

クロマチックで音がなるところをO、飛ばすところをXとすると、

OXOXOOXOXOXO

で1オクターブになります。この配列をメジャースケール。

7つの音(ダイアトニック)でできるスケールをダイアトニックスケール

ダイアトニックスケール上にできる3度堆積の中で3和音をトライアド

さらに4和音をセブンスコード、さらに3度ずつ重ねてナチュラルテンションコード

これらをダイアトニックコードとまとめておきます。

(ドミソ、ドミソシ、ドミソシレ〜のような)

 

ここまでは一般的な教則本やYouTubeでしつこいくらいに語られていますが、

そのあとアドリブ取ろうとすると大体スケールを覚えようとしますよね。

 

でも考えてみるとコードに対してのスケールです。

コードトーンを先に覚えた方がしっくりくる音が明確です。

スケールはワンオクターブの音の組み合わせではあるものの、7つ以上の音から気持ちいい音を探す感じです。

でも、コード優先に考えるとコードトーンがまずは安定。3度堆積の隙間にテンションを入れたものがスケールです。

 

覚えることが少なくないですか?

コードフォームって横に移動できますからね。

 

ギターレッスンはこちら。

kengo-kitajima.net

 

3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法 (模範演奏CD付)

3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法 (模範演奏CD付)