「速弾きはゆっくりのテンポから練習する」は間違い。その理由。

難しいことがあればゆっくり練習していくのが人間の心理

ギタリスト、ハヤエモニストの北島健吾です。
また速弾きについての記事ですが、
今回のテーマは『ゆっくりのテンポから練習していけばそのうちなんとかなるというのは間違い』ということ。
実際に、条件を間違えると遠回りどころか一生できるようにならないという事実があります。
なぜ真面目に考えていれば誰でも思いつくだろう発想に盲点があると言えるのか、以下に解説していきます。

 

続き

kengo-kitajima.net